インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

患者さまの納得と笑顔のために

歯磨きや予防の大切さを聞いたことがない人は少ないと思います。しかし、仕事や家事など忙しい生活の中で、歯磨きや歯の治療に使える手間や時間は限られています。そこで、ぜひ当院に患者さまのお口の健康をサポートさせていただきたいです。お気持ちや患者さまのペースを大切にしながら、納得いただける治療やメンテナンスやクリーニングをご提供いたします。当院でお口の状態を整えたことで、患者さまが笑顔になっていただければ幸いです。

歯周病という分野に興味を持ったきっかけを教えてください。

歯を支える土台に関する治療が重要だと感じたことがきっかけです。そこで、大学病院では歯周病を中心に診療を行ってきました。歯周病というと細菌対策ばかりが注目される傾向にありますが、何度も診断してきた中で、歯茎がきれいでも噛み合わせが悪いと骨がもろくなることに気付きました。そのため、現在では細菌対策と噛み合わせの改善、その両方を考えた治療をしています。

お子さまのお口のケアについて教えてください。

小さなお子さまには親御さまの手による仕上げ磨きが重要だといわれていますが、実際問題、お仕事や家事で忙しい中、お子さまのケアができる時間は限られているのではないしょうか。
さらに、成長してお子さまがご自身で歯を磨くようになっても、すぐに上手なブラッシングができるとは限りません。そこで、当院にサポートさせていただきたいです。お口の状態チェックやブラッシング指導などで、お子さまが健康的な状態を維持できるようフォローいたします。
また、小さなうちから歯科医院に通う習慣を身につけることは、将来のお口の健康に役立ちます。ぜひ親子ご一緒に来院ください。

子どもはいつから歯医者に行くのが良いのでしょうか。

乳歯が生える3歳くらいを目安に、連れてきてもらえればいいかと思います。いろいろなものを食べるようにもなり、虫歯のリスクも生まれるからです。

子どもへの対応についても教えてください。

お子さまの気持ちに寄り添った対応を心がけています。
例えば、当院の歯科衛生士は子育て経験があり、お子さまを励ますように声をかけながらクリーニングしています。院長である私が気をつけているのは、治療についてお子さまに嘘をつかないことです。少しでも痛みを感じそうな処置では、きちんとその旨を伝えるようにしています。そのため、親御さまにも、恐怖心を煽りかねない発言は控えていただくようお願いしています。
最初は泣いてしまうお子さまも、何度か練習しているうちに治療ができるようになることも多くあります。それまでしっかりとサポートさせていただきます。

大人の方に通院の大切さをお伝えするためにどんなことをしているのでしょうか。

あえて、予防の話はしません。患者さまも予防の大切さはうんざりするほど聞いたことがあると考えているからです。そのため、まずは患者さまのご希望の箇所を治療し、来院の都度クリーニングをしながら、お口全体の治療や予防に興味を持っていただけるのを待ちます。
患者さまから全部治療したいと意欲が出てきたところで、お口全体を改善に導く治療をはじめます。なによりも患者さまの自主性を大切にしたいと思っています。