診療案内

歯周病

いつの間にか、前歯に隙間ができたり食べ物が挟まりやすくなったというお悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。その原因として考えられるのが、歯周病の進行による噛み合わせの変化です。きちんと処置を行えば、矯正治療をせずとも歯を元の位置に戻し、隙間をなくすといった改善が見込めます。詳しくはご相談ください。

もっと見る

歯周病の原因は細菌感染ですが、治療には細菌を含んだ歯垢を除去するだけでなく、噛み合わせを調整することが欠かせません。歯周病で歯を支える骨が弱くなると、噛み合わせがずれてきます。そのままにしていれば、歯がすり減ったり逆に浮いてしまったりするかもしれません。そのため、当院では噛み合わせの高さを調整し、お口のバランスを整えています。

虫歯治療

歯がしみたり痛かったりしたら、虫歯のサインかもしれません。風邪などと違って歯は放置するほど悪化する傾向にあり、欠けてしまうことがあればそこから症状が進んでしまいます。少しでもおかしいと思ったら、歯科医院においでください。

もっと見る

実は虫歯は初期段階では自覚症状がほとんどなく、痛みを感じる時には進行してしまっている可能性があります。その場合、たくさん削ったり抜いたりすることにつながりかねません。そうならないためにも、早期発見・早期治療が大切です。ぜひ歯科医院で定期的なメンテナンスを受けてください。
また、虫歯は歯垢に含まれる細菌が原因で起こります。ご自宅でもしっかりとケアできるよう、日々の歯磨きを見直し、磨き残しのないやり方を身につけていただきたいです。

予防歯科

歳を取れば入れ歯を使うことが当たり前だと思っていませんか?しかし、毎日しっかりとケアすることで虫歯や歯周病を防ぎ、90歳になってもご自分の歯で噛んでいる方もいらっしゃいます。歯を失わずお口の健康を保つため、自覚症状がなくても定期的な検診とクリーニングを受けにおいでください。

もっと見る

予防歯科の検診では、歯を失う原因となる虫歯や歯周病の有無のほか、噛み合わせの状態を確認します。また、虫歯や歯周病は歯垢の中にいる細菌が原因のため、歯科衛生士がお口を徹底的にクリーニングする処置も行っています。
ぜひお口の状態チェックを受けることを習慣にしていただきたいです。

噛み合わせ

歯を支える骨が弱ったり、歯がすり減ったりすることによって、噛み合わせは変化します。お口全体のバランスを取り健康を守るためには、噛み合わせが大切です。そのため、当院は歯の高さの調整を行って、患者さまのお口の状態を改善していきます。他の歯科治療と同じく、噛み合わせも早い段階でずれを直すことが治療の規模を抑えることにつながります。

もっと見る

その他、意外な原因でも噛み合わせはずれてしまうものです。例えば、虫歯を抜いた箇所をそのままにしておくと、対になる向かいの歯が骨から浮き上がるようになって、歯並びの高さが乱れてしまうことがあります。お口の問題は放置せずにすぐに治療を受けてください。
また、銀歯を白い詰め物などに変更した際にも、ただ入れ替えるのではなくきちんと高さの調整を行い、噛み合わせが乱れてお口の状態が悪化しないように配慮しています。

小児予防

小さなお子さまの場合、親御さまによる仕上げ磨きが重要になります。しかし、仕事や家事などでその時間が取れないという方も多いと思います。また、ご自分で歯を磨けるようになったお子さまでも、まだまだ磨き残しがあるかもしれません。そのため、ぜひ当院にお子さまとご来院してもらい、歯磨き指導やフッ素塗布を受けていただきたいです。

もっと見る

お子さまのうちから定期的に歯垢を除去していれば、将来も虫歯にならずにすむことも夢ではありません。中高生になれば、お子さまは学業や部活などで忙しくなることだと思います。お子さまが健康的な歯を維持できるよう、幼いうちから歯科医院に通う習慣をつけさせてください。

歯周病の外科的処置

重度の歯周病の場合、歯茎を剥がして歯の根元についた汚れを取るフラップ手術などを行います。当院ではその他にも、歯茎の形を整えたり、根だけが残った歯を生かしたり、歯周病で溶けてしまった骨を再生したりする手術に対応しています。これらの処置で、歯周病やけがで歯茎の形が悪くなった方の状態を改善いたします。

もっと見る

例えば、根だけが残った歯を生かす処置をする際には、まず歯茎を下げます。そして歯茎に埋まっていた部分を表に出して、再び噛める状態にしていきます。また、歯周病で失った骨には、エムドゲイン法を用います。これは歯茎を切り開いて根っこをきれいにした後、特殊な薬剤を塗って骨を再生させるものです。
このように症状が重症化しても、きちんと処置させていただきますので、諦めずご相談ください。